お悩み相談期間、終了しました☆

更新日:

 

ダブルケアお悩み相談試行実施を終えて・・・

 2021年6月から11月まで、名古屋学院大学との共催事業として、ダブルケアお悩み相談を試行的に実施しました。ダブルケアカフェのような場になかなか出てこられないケアラーの方や、個別にダブルケアの話を聴いてほしいというニーズに応えたいと、ダブルケア経験者や福祉専門職経験を持つメンバーで対応しました。

月2回開催し、延べ14件のご相談が入り、名古屋市内はもとより、愛知、岐阜のほか、関西や九州からのお申込みもありました。 面談は、名古屋学院大学での対面とオンラインの選択ができるようにした効果もあり、対面は述べ4件、オンラインは述べ10件と対応できました。

 相談内容は、介護サービスの利用等に関することや、親の介護をきっかけとした生活の変化に伴う不安や戸惑い、そして、その中での人間関係など様々でした。 抱えられている悩みも、ダブルケアがこれから始まろうとしている悩み、ダブルケア真っ最中での悩み、そして、既にダブルケアは終了したものの家族の成長や変化に伴い出てきた悩み…など十人十色でした。

朝から晩まで、息つく暇もなく慌ただしく、家事、育児、介護、仕事に追われる日々を送り、そうした中で精一杯にこなされているお一人おひとりの気持ちや想いに耳を傾けさせていただきながら、私たちが思ったことは、あなた自身は、「まさに素晴らしい存在で、そして今、とても大切で素敵なことしている!」と、まずはご自分を大いに褒めてあげて欲しいということでした。

また、このダブルケアお悩み相談では、ダブルケア経験者メンバーもお話をお聴きすることによって、同じ経験を持つ仲間だからこそ共感し合えることもありました。

相談された方からは、経験者からの言葉や想いを知ることができて、「自分にもできそう」と次の自信につながるという感想もいただきました。こうしたピアサポート力を実感できたことは、経験者メンバーにとっても貴重な経験となりました。

最初は、「こんな話をしてもいいのでしょうか?」と戸惑われていた相談者の方々も、最後には、とても素敵な「笑顔」を見せてくださいました。これは対応したメンバーにとりましても、とても嬉しく、ありがたいことだと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

今回の試行実施の経験を踏まえ、今後の体制を整えてまいりたいと考えております。

その際にはまた皆さまにご案内させていただきますので、よろしくお願いします。

➡今後のイベント予定はこちら

オープンチャット「ダブルケアだよ、全員集合!!」
https://line.me/ti/g2/CINCALB0YU726--JdEwmHURSPkbZQymKjyuHbw?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

-活動報告

Copyright© 一般社団法人 ダブルケアパートナー , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.